医師のキャリアアップ転職なび

神経内科医師にキャリアアップ転職をすすめる理由

神経内科の医師は、現在の現場の現状を考えるとキャリアアップのために転職した方が良いという考え方があります。その理由について、詳しく取り上げていくことにしましょう。

 

まず1つは、圧倒的に医師が不足しているからです。医師が不足しているということは、その分転職しやすいということではありますが医療機関としては同じようなスキルの医師を集めようとはしません。

 

医師転職・求人サイト!信用できる無料登録サイトはここ!

 

より経験や知識がある医師を集めたいわけです。特に最先端医療に取り組んでいる総合病院や専門病院では日夜研究や開発、臨床に力を入れていることもあり難治性疾患に詳しい医師を求め始めています。

 

元々神経内科は専門性が高い診療科目ですので、内科の領域に精通しているのはもちろんのこと、アルツハイマー病やパーキンソン病等の疾患に詳しいことは必須条件となってくるでしょう。

 

だからこそ臨床経験が少ないと感じるあれば、今のうちにキャリアアップ転職を図っていた方が良いということになります。

 

それからもう1つの理由は、新治療の開発スピードが早いからということです。元々神経内科の医師の求人案件は、リハビリをメインで扱っている医療機関や、脳神経外科関連の医療機関が中心となっています。

 

その中で近年は高齢者の患者だけではなく、若年者の患者も増えて来ていることから治療法の開発スピードが非常に早いのです。ということは、最先端治療に触れることができない状態が長く続くと、適切な治療を施させなくなる可能性が高くなってくるといえます。

 

そのため早い段階で転職をして、適切な経験とスキルを身につけておいた方がのちに改めて転職する際にも有利となるのです。

 

ところで、実際に転職先を探す場合ですが、神経内科医が充足している東京都、大阪府、岡山県以外であれば簡単に求人を見つけることができます。

 

ただしスキルアップの為の転職ということにこだわる場合、後期研修プログラムを組んでいるような医療機関の方が、教育制度が充実していることもあり学びやすい傾向にあるといえそうです。

 

詳細については、転職サイトへ無料登録を行った際にコンサルタントへ直接相談してみてはいかがでしょうか。